ギャンブルはほどほどに、そして計画的に

本ブログはお金の借り入れについてのブログですが、実は、借入れがある人ほどお金使いが荒いというデータがあります。

借金を一度してしまうと、歯止めが効かなくなってしまうのでしょうか?

あるいは、一定以上の借金額を超えてしまうと投げやりになってしまうのでしょうか?

または、そういう人はお金の管理がそもそも苦手な人なのかもしれません。

どっか行っておいてなんですが筆者も実はギャンブルを行いますですが私は借金はありません借金をしたとしてもすぐに返すタイプです。

また友人に借り入れがあるものもいますが決して上記には当てはまりません彼は事業をしているので借入がどうしても必要なのですそしてギャンブルも行いますが節度を持ってギャンブルをしており問題を起こしたことはありません

ギャンブルが趣味の人にとって、ギャンブルで得られる刺激や楽しさは大きなストレス発散だと思います。借金があったとしても、必ずしもこれは諦める必要はないと思いますただもちろん問題リスクはありますので十分に対策や節度を持って行うことが大事だと思います。

オンラインカジノであれば自己規制ツールがある 

店舗型カジノにはない様々な魅力があるオンラインカジノですが、多くのカジノサイトは遊びすぎを防ぐツールも搭載しています。例えば、カスモカジノ(https://www.casumo.com/ja/)には「プレイOK!」という自己規制機能が備わっており、各種制限を自分で設定することが可能です。設定できるのは、ログイン時間や一定期間内の損失額の上限など。損失額の上限は特に具体的で助かる機能だと思いますが、この項目では毎日、1週間、1ヶ月ごとのベット損失額の上限額を設定できます。

たとえばパチスロなどに行ったとしたら、店員さんに「〇時間経ったら声をかけて 追い出してください!」なんて、頼めないですからね。いくらでも入り浸れてしまいます。オンラインカジノは、特に日本では国民性からか警戒されがちですが、このように、実は、普通のギャンブルより節度を持って使いやすい側面もあります。

この『自己規制ツール』は、おそらくほとんどのオンラインカジノに搭載されていると思います。とはいえ、お目当てのカジノサイトが搭載しているかどうかは、http://bestjapanesecasinos.com/

などのオンラインカジノレビューサイトで事前に確認すると良いでしょう。

まとめ

警戒されがちなオンラインカジノですが、実は「自己規制ツール」で安全に使いやすい仕様になっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*