「○日までに、まとまった金額が必要…!」家庭の事情や事業をしている方など、たまにはぶち当たることもある問題ではないでしょうか。

すぐに必要なのに、手元にない場合、どうしても「お金を借りる」ことを検討せざるを得ません。今はテレビのCMでも様々な金融機関が宣伝をしていますし、借金も身近に感じますがもちろんデメリットもあります。利息の支払いや信用を失うリスクなど、様々なことを考慮する必要があります。

それに、いろいろな会社の案内を見ていると、選び方がわからずに(たいていの人は慣れていないと思いますので)一体どこに決めればいいのか…。見れば見るほどどんどん迷ってきてしまう悪循環に陥ってしまうかもしれません。それでも、焦って決めるのは禁物です!

金融機関によって利息や条件が異なる

金融機関はそれぞれ利息であったり条件がかなり違います。長期的な目線で見ると、最終的にかかる金額が大きく変わることも。すぐに必要だったとしても、必ず一呼吸おいて、しっかりと借り入れ先を吟味する必要があるでしょう。 

借金を借りることで発生する利息について

銀行や消費者金融などから借り入れをすると、返済額には必ず「利息」が足されることになります。利息はお金を借りている間はずっとかかるもの。

計算式は『利息=元金×実質年率÷365×利用日数』。

例えば、100万円を実質年率10%で借りた場合、100万円×0.1÷365×30=1か月で8,219円の利息かかかる計算です。

消費者金融を利用するメリット・デメリット

消費者金融は怖いイメージがありますが、審査はゆるく、手軽さに関しては抜群です。早ければその日のうちに現金を手にすることも可能なほど。最近では無人契約設備などもあり、ますます身近になってきています。借入額によっては保証人も必要ない場合もあります。

ただ、気軽な分、銀行に比べると利息が若干高くなるというデメリットがあります。大きな金額になると完済までに時間がかかり、利息がかさむ可能性もあります。また手軽さゆえに、借り癖がつきやすくなるといった懸念点も。

銀行を利用するメリット・デメリット

銀行は借入内容によっては利息も安い傾向にありますし、なにより安心感もあります。大きな金額を借りる際には、やはり銀行を利用するのが良いかもしれません。総量規制の対象外になるものもあり、大きな金額も借りられます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*